【髪質改善】シャンプー

ご存知のかたも多いかと思いますが
一般的な髪の毛はちゃんとケアしていかないと、だんだん細くなっていきます

地肌=肌なのです。
頭皮も同じで、洗うものは、肌に負担が少ないものがベストです!
日本人はキレイ好きですので、汚れがたまっていることはあまりありません。ですので、そんなに強い洗浄力の物はいらないと思います!
もし洗浄力の強すぎるいわゆるアルコール系のシャンプーを使い続けると地肌は弱り、髪は細くなります。
だいたい7~8割りの一般的な方は、上記のこの考えが当てはまるのではないかと思います!
実際、自分も美容師を始めて15年程たちますが、学生時代は、毛、多いねと言われたことはありませんでした。
むしろ少ないと思われていましたが、美容師になり、その都度、きちんとそのお店の一押しシャンプーを使っていたら、だんだん『毛が多いね』、とか、『梳くのが大変』などと言われるようになりました!
まるで増えたかのようですよね・・実体験で自分の毛量が他人から見ても触っても、前と違うと言われたので、これは髪の毛増えたというより、細くなった毛が、ちゃんとあるべき太さに戻ったのではないかと考えています!
(もしかしたら増えたのもあるのかも!?)
髪の毛は優しくケアしていかないと、だんだん細くなっていきます。なのでシャンプーに関しては、地肌を洗うものなので、地肌に合うものを選んだ方がいいです!
僕の独断と偏見で選ぶなら、髪質改善シャンプーに関してはアミノ酸系の界面活性剤が基本となるシャンプーがいいと思います!
地肌=肌なので、顔を洗うとしたら、お肌に近い成分から作られている界面活性剤の方がよさそうではありませんか!?

界面活性剤

ってなに?!と思う方も多いと思います・・・
でも安心して下さい。
最近の美容室専売のシャンプーは、ほとんどアミノ酸系界面活性剤のシャンプーになっていると思いますので、美容室オススメシャンプーならほぼいいのではないかと思います!
ここから少し(いやかなり)専門的なお話になってしまいます。。。
1%以下の配合物は順不同なので、成分表示の後の方に書いてあるものについては、そんなに心配しなくてもいいのかなと思います!メーカーさんもラウリル硫酸とか、ラウレス硫酸という言葉が嫌われているので、入れにくいから入れてません。
とも聞きましたので、美容室専売のシャンプーだと、高級アルコール系の界面活性剤が入っているシャンプーは少なくなっているかもしれません。
ただ少し注意点があり、高級アルコール系の界面活性剤は微量だけなら入っていると、アミノ酸系の界面活性剤の働きを助ける効果があるので、
高級アルコール系の界面活性剤が書いているからダメなシャンプーとは限りません!

というわけで話は戻りますが、シャンプーは髪を洗うというより、地肌を洗うものなので、
洗う成分が、アミノ酸系の界面活性剤が良いと思うのです

縮毛といいますか、おくせの強い方はシャンプー+トリートメントが必須です!!

おくせ毛は油分をはじく髪質が多いので先ほど紹介した髪質改善としての質感のシャンプーでは収まりにくいです。
なかには髪の毛がしっとり重くなるシャンプーもありますが、それはおくせ毛の髪には合うかもしれませんが、地肌には油分が多すぎると思います。
おくせ毛のひとは髪質改善のためにはトリートメントをした方がいいです(きっぱり)
ご自身で選ぶ場合はまずはシャンプーは、単純に一本使ってどうかを試して見てください!
大丈夫そうなら一年ほど使い、髪や地肌に何も影響がないか自分でも確認し、ご家族やご友人も正直な意見を言ってくれる人の感想を聞いてみて下さい!
以上か成分がナントカカントカを無視して体験のみで考えるシャンプーの選び方です!
トリートメントについては次回書きます。